権利擁護支援ってなに?

私たちはふだんの生活の中で、「選ぶ」・「決める」・「利用する」という事を繰り返して生活をしています。そして、誰もが住み慣れた地域で『自分らしく』暮らし続けられることを願っています。

しかし、

■障害のある人や高齢者が自分らしく暮らし続けることが難しい状況になっている。

■お金の管理や介護の不足などで、不適切な状況になっていないか心配。

■その方の本来持っている権利や使えるはずの制度が、うまく活用できていない。

 

当センターでは、そのような時に、市民の方々がこれからも長く地域で暮らし続けられるように、関係機関とのネットワークをいかしながら、支援させていただきます。

当センターの特徴

1.相談体制の充実

・法人後見事業設立支援・業務指導等

 を行います。

・困難事例や低所得の方の支援に関

 する相談等も安心してできる体制が

 整っています。


2.専門職による支援

弁護士・司法書士・行政書士・社会福祉士・精神保健福祉士・社会保険労務士・精神科医師・看護師・消費生活アドバイザー・障がい・介護保険関連の専門職資格を持つ団体です。悪徳商法による多額の請求・不動産トラブルや病気に関する不安、各制度の利用等、ワンストップでの相談が可能です。


3.各市町村の後見事業  立上げ支援等

①各市町村等の法人後見事業立上げ準備支援

②法人後見事業の受託事業

③行政職員・専門職後見人等の支援者への

 支援。アドバイス(スーパーバイス)


当センターの活動


1.法人後見

①財産保全に関する法律行為

②日常的な金銭管理出納

③住居の確保に伴う法律行為

④介護及び福祉サービス利用における契約行為

⑤受診・入院等の医療上の契約行為

 

2.相談・アドバイス・指導

①成年後見制度・法人後見事業に関する相談

②弁護士・司法書士へのケース紹介

③関係機関とのカンファレンスへの参加

 (行政・医療・福祉・介護・法律等関係機関とのネットワークづくり)

 

3.普及啓発

①一般の方の利用促進を目的としたイベント等の開催

②支援員等の養成を目的とした講座等の開催